親知らず専門外来

親知らず症例

親知らず抜歯専門外来

親知らず症例

大学病院レベルの水平完全埋伏の親知らずの抜歯【難症例】

 

水平完全埋伏の親知らず抜歯症例です。

黄色い線は神経の通っている下顎管という管を示します。この下顎管には歯と唇の感覚の神経と血管が通っています。レントゲンで親知らずと神経が近い場合には位置関係を確認してより安全に抜歯をするためにCT撮影をします。CTを確認すると神経と親知らずが直接せっしていないのが確認できます

親知らずの埋まっている位置が深めで抜歯の器具が届きにくいのと手前の歯のアンダーカットに親知らずの頭がはまり込んでいて水平埋伏の親知らずの中でも難しめの症例です。根っこの形は円錐型でこれだけ見ると抜歯しやすそうなので簡単に抜けそうに見えて甘く見ると親知らずの頭を取るだけで意外と大変だったということになりやすい症例です。

case2_01

case2_02


親知らず専門外来|抜歯実績日本トップクラス|横浜の口腔外科

日付:  カテゴリ:親知らず症例 and tagged , ,

親知らずの抜歯ならお任せ下さい

即日抜歯も対応可能

ご予約はお電話で

一度に複数本の抜歯も

対応可能

大学病院レベルの難抜歯も対応可

ご相談ください

痛みに配慮した抜歯

口腔外科医による安心

先進的な設備を完備した院内

医院紹介

大学病院レベルの先進的な設備を完備
徹底した院内感染予防の実施