親知らず専門外来|抜歯実績日本トップクラスの口腔外科

親知らず 抜歯専門外来  >  親知らずについて

WISDOM TOOTH

親知らずについて

親知らずについて

親知らずとは?

一般的に17~30歳頃に生えてくる前歯から数えて8番目の歯のことをいいます。

永久歯の中で一番最後に生えてくるためスペースがなく、横や斜めに傾いたり、骨の中に埋まったまま生えてこない場合があります。このような親知らずは腫れたり隣の歯まで虫歯になることが多く、トラブルの原因になりがちですので、抜歯した方が良いでしょう。

歯磨きを頑張れば抜かないでいいケースもあります。

親知らずの生え方

真っすぐタイプ

親知らずがまっすぐ生えていて、上の歯と噛み合っているのでちゃんと磨ければ残せるケースです。黄色い線は神経の通っている管を示します。

水平埋伏タイプ

親知らずが横を向いて埋まっていて隣の歯が虫歯になったり、清掃性が悪いために炎症を起こして腫れてしまうリスクが高いために抜歯をしたほうがいいケースです。黄色い線は神経の通っている管を示します。親知らずと神経が近い場合は安全のためにCT撮影をして位置関係を確認します。

親知らずの痛みについて

親知らずが生えてくる時なぜ痛みが出るのか?

(1) 親知らずの周りが細菌で腫れている

親知らずの頭(歯冠)が完全に出てきていないと、歯ぐきと親知らずの間のすき間に細菌が蓄積します。細菌の蓄積が原因で周りの歯ぐきに炎症が起こり腫れや痛みを生じることがあります。

(2) 親知らずの虫歯

親知らずは一番奥に生えているため、歯ブラシが十分に届かず虫歯になりやすい歯です。斜めに生えることも多く親知らずの頭(歯冠)と接している手前の歯(第二大臼歯)が虫歯になってしまうことがあります。

(3) 親知らずが隣の歯を押して痛む

親知らずが斜めに生えて、手前の歯(第二大臼歯)に当たり、手前の歯を押すような場合があり、痛みや違和感を生じることがあります。

(4) 親知らずが生えてきて、噛むと歯茎に当たってしまう

親知らずの生える方向が真っ直ぐでない場合や、かみ合う相手の歯がないような場合は、親知らずが歯ぐきやほっぺたに当たって痛みを生じることがあります。

抜歯の判断

「親知らずは抜いたほうが良いですか?」という質問をよく受けます。親知らずには抜いた方が良いものから、抜かなくても大丈夫な2つのケースがあります。

・ 親知らずのまわりの歯ぐきが腫れている(腫れたことがあった)

・ 親知らずのまわりに歯ぐきに痛みがある(痛みがあった)

・ 親知らずが完全に生えてない。(途中まで出ている)

・ 親知らずが虫歯になっている

・ 親知らずが歯ぐきや頬を傷つけている。

・ レントゲンで親知らずの周りに黒い影がある(含歯性嚢胞)

・ 親知らずの手前の歯(第二大臼歯)が虫歯になっている。(虫歯になるリスクがある)

・ 真っ直ぐに生えて(生えてくる見込みがあり)、かみ合っている

・ 歯牙移植のドナーに適している場合

・ 骨に完全に覆われて埋まっている場合

・ 矯正移動に利用できる場合

・ ブリッジの支えになれる見込みがある場合

抜歯をしないで放置するとどうなる?

親知らずの周囲に炎症がある状態で放置すると、炎症が広範囲に広がる顎骨周囲炎を生じます。この状態は、顔面の腫脹、開口障害、嚥下障害、摂食障害などの症状を生じ、日常生活に支障をきたすことがあります。腫脹が咽頭周囲に波及し気道が閉塞すると呼吸困難になり生命に関わる重篤な症状となる場合があります。

治療は抗生物質の内服だけではなく、入院して点滴による治療となる場合があります。また、炎症のある状態を繰り返すと、炎症が骨の中に及ぶ骨髄炎という状態になることがあります。この状態は難治性で、治療に苦慮することがあります。このような状態にならないために早めの受診をお勧めします。

親知らずによる症状

親知らずと口臭

親知らずが磨きにくい場合に、親知らずのまわりに食べカスや歯垢(細菌)が蓄積することにより、口臭が生じることがあります。

親知らずと腫れ

親知らずのまわりに細菌が増殖すると、炎症が起こり、腫れることがあります。腫れのほか、痛み・発赤・発熱・機能障害などの症状を生じることがあります。症状を改善するためには、抗生物質で細菌の量を減らすことと、細菌が蓄積しない環境をつくること(抜歯)が必要になります。

親知らずの抜歯と神経麻痺

下あごの中には下顎管(かがくかん)という神経、血管が通る管があります。親知らずが下顎管と近い、または接している場合があり、そのような場合は抜歯後にしびれが残る場合があります(オトガイ神経麻痺)。麻痺がおこる確率は0.6%程度という報告があります。

歯科医院で受ける
治療前にする応急処置

親知らずの痛みにも役立つ「簡単にできる応急処置」の方法を紹介しています。痛みが引かない時や、我慢できないほど辛いときには是非参考にしてください。

(1) 痛み止め

市販の痛み止めは痛みの緩和には有効です。しかし、痛みの原因は細菌の増殖により引き起こされている炎症であることがほとんどですので、細菌を減少させるために抗菌薬の服用が必須になります。痛みが改善しない場合は早めの受診をお勧めします。

(2) うがい

殺菌効果のあるうがい薬は細菌の蓄積を除去させるのに有効です。また、口腔内全体を清潔に保つことは炎症を軽減させることができます。

(3) 歯ブラシ

親知らずが上手に磨けていないのが原因で、食べカス、細菌の蓄積が起こっている可能性があります。先が小さく、柔らかい歯ブラシで親知らずの周辺をやさしく磨いてください。磨きにくいところにピンポイントで毛先が届くタフトブラシは親知らず周囲のケアにお勧めです。

親知らずと歯並び

基本的に親知らずが生えてくるタイミングは、永久歯が生え揃った後になります。ということは、顎が成長して歯が生えるスペースができてから親知らずは生えます。 顎の成長が足りず歯が生えるスペースが狭くてキレイにはえてこない親知らずもあります。

歯が生えるスペースが狭いと親知らず逸れ以外の歯を圧迫してしまい、歯並びにも影響を与えることになると考えられています。そのような場合は抜歯が必要です。

親知らずを抜いたら小顔になる?

一般的に、歯を抜いた後は、歯の根っこが埋まっていたところには骨が再生してきて埋まります。しかし、100%再生するわけではなく、1~2mm凹んだ形に再生します。

しかし、親知らずの外側には下顎枝(下顎骨)があり、その外側に咬筋があります。親知らずを抜いただけでは下顎枝、咬筋に小顔になるほどの影響はないと考えます。多くの親知らずを抜歯しましたが、小顔になったという患者さんに出会ったことがありません。親知らずを抜くと、1週間程度は食事がしにくくなるため、食事量が減り、結果的に減量することにより小顔になるのかもしれません。

親知らず実際の抜歯方法

簡単なケースの場合

(1) 術前の抗生物質、痛み止めの内服

抜歯後、感染を予防する抗菌剤(抗生物質製剤)や、痛み止めのお薬を処方される場合があります。

(2) 表面麻酔

麻酔薬をしみこませた綿を親知らずの周りの歯ぐきに置いて数分待ちます。表面麻酔をすることで次に行う局所麻酔の針の刺入時の痛みをなくします。

(3) 局所麻酔、伝達麻酔

ゆっくりと麻酔薬を注入させ、注入時の不快感をできるだけ軽減するようにします。

(4) 抜歯

親知らずを抜きます。

(5) 抜歯窩掻把

抜歯した穴に残った不良な肉芽組織を取り除きます。取り除くことで抜歯後の感染や治癒不全を防ぎます。

(6) 縫合

抜歯した後は出血が起こり、血餅を作ります。血餅は傷を治すために重要な役割を果たすため、血餅が取れないようにするために縫合します。

(7) 圧迫止血

ガーゼを咬んでいただき、圧迫して止血します。

難しいケースの場合

(1) 術前の抗生物質、痛み止めの内服

抜歯後、感染を予防する抗菌剤(抗生物質製剤)や、痛み止めのお薬を処方される場合があります。

(2) 表面麻酔

麻酔薬をしみこませた綿を親知らずの周りの歯ぐきに置いて数分待ちます。表面麻酔をすることで次に行う局所麻酔の針の刺入時の痛みをなくします。

(3) 局所麻酔、伝達麻酔

ゆっくりと麻酔薬を注入させ、注入時の不快感をできるだけ軽減するようにします。

(4) 切開

親知らずが埋まっている場合は、歯ぐきを切開し、親知らずの頭を見える状態にします。切開は最小限にとどめ、侵襲を少なくするように心がけています。

(5) 歯冠分割

横に埋まっている場合は、そのままでは抜くことができないので、頭と根の間に刻みを入れて分割します。必要に応じて歯の根っこも分割することがあります。

(6) 抜歯

親知らずを抜きます。

(7) 縫合

抜歯した後は出血が起こり、血餅を作ります。血餅は傷を治すために重要な役割を果たすため、血餅が取れないようにするために縫合します。

(8) 圧迫止血

ガーゼを咬んでいただき、圧迫して止血します。

痛みへの配慮

◆ 術前から痛み止め内服

麻酔が切れた時に、痛み止めが効いているように配慮しています。

◇ 表面麻酔

局所麻酔の針の刺入時の痛みをなくすために十分に表面麻酔を効かせます。

◆ 十分な局所麻酔、伝達麻酔

抜歯途中に痛みが生じることがないように十分に麻酔を効かせます。麻酔薬は体温と同じ温度に温めて注入時に不快感をなくすようにしています。

◇ 最小の侵襲

切開、骨削除は最小限にし、術後の炎症を最小限に抑えるようにします。

抜歯後の腫れや痛みについて

親知らずに限らず、一般的な抜歯についてですが、外科的な侵襲を加えることになります。体は侵襲に対して治ろうとします。そのときに起こるのが炎症です。

炎症とは①発赤、②腫脹、③発熱、④疼痛、⑤機能障害を特徴とする生体反応です。傷を治すためには必ず炎症が起きます。

親知らずの抜歯では、歯ぐきを切開したり、親知らずの周りの骨を削ることがあるので炎症が強く出現します。親知らずの抜歯で腫れたり痛みが出たりするのはそのせいです。アメ玉を口にいれているように大きく腫れる場合もあります。ただし、必ず炎症が強くでるわけではありません。まっすぐ生えていたりする場合は炎症が強く出ないこともあります。傷口が治るために炎症は必ず起きます。ただし、炎症が強く出ないようにすることもできます。

抜歯後の炎症を最小限にする技術

当院では、抜歯後の炎症を最小限にするために、さまざまなことを心がけています。

① 最小限の切開
② 最小限の骨削除
③ 抗生物質、鎮痛剤の術前投与(もちろん術後投与も)
④ 抜歯前に炎症がある場合は消炎処置

こんなケースは早めに
ご来院下さい

親知らずが痛みだしたら早めにご来院ください。虫歯や炎症を起こしている可能性があります。

・ 痛みはないが、親知らずが斜めに生えている

・ 親知らずの隣の歯がむし歯になっている

・ 親知らずの周辺の歯ぐきが腫れている

・ 親知らずが生えている、または埋まっていて痛みがある

・ 親知らず周辺がときどき痛むが、数日で痛みが治まる

他の医院で親知らずの抜歯を断られた方も
お気軽にご相談下さい。

当院には大学病院や総合病院で難しい抜歯を多数経験している医師が在籍しており、親知らず専門外来チームとして診療しております。他院で抜歯を断られた方もぜひご来院ください。

 

親知らずの抜歯を検討されている
患者様へメッセージ

親知らずでお困りの患者様を多く拝見させていただきました経験をもとに、確実で、素早く、痛みのない抜歯を心がけております。親知らずを抜く必要があるかどうかから丁寧に説明いたします。

まずはお気軽にご相談ください。経験豊富なスタッフが最適な治療方法をご提案致します。

親知らず専門医 畠山 一朗

 

親知らず専門医 畠山先生の出勤予定

 

親知らず専門外来WEB予約はこちら

予約キャンセルについて

親知らず専門外来は迅速に対応するため日々務めておりますが大変混雑しております。
体調不良などやむを得ない場合を除き、当日のキャンセルまたは無断キャンセルは、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。またキャンセルの場合は3日前までにご連絡ください。
WEB予約が取れない場合や畠山御指名の場合はお電話にてご連絡下さい。予約調整の上予約ができる場合がございます。

お電話予約は、045-620-0418 までご連絡下さい。

 

【 実際に治療を受けた患者様の声 】

ご案内

親知らずの抜歯ならお任せ下さい

即日抜歯も対応可能

ご予約はお電話で

一度に複数本の抜歯も

対応可能

大学病院レベルの難抜歯も対応可

抜歯実績1万本超え

痛みに配慮した抜歯

口腔外科医による安心

最新設備を完備した院内

医院紹介

大学病院レベルの最新設備を完備
徹底した院内感染予防の実施

アクセス

横浜駅 徒歩3分 駅近の便利な歯科医院

横浜駅西口歯科

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-10-50 北幸山田ビル4F
TEL.045-620-0418