親知らず専門外来|抜歯実績日本トップクラスの口腔外科

親知らず 抜歯専門外来  >  まっすぐ生えた親知らず

WISDOM TOOTH

まっすぐ生えた親知らず

まっすぐ生えた親知らず

親知らずの生え方 まっすぐタイプ

上記症例写真は、親知らずがまっすぐ生えていて、上の歯と噛み合っているのでちゃんと磨ければ残せるケースです。
黄色い線は神経の通っている管を示します。

親知らずは抜かなくてもいい場合があります

まっすぐ生えていて、噛み合わせが合っている

顎に親知らずが生えそろうだけのスペースが確保され、まっすぐ親知らずが生えていて、なおかつ虫歯がないケースであり、上下の歯の噛み合わせが合っている場合は抜歯する必要がないです。ただし、しっかり噛んでいても親知らずは歯ブラシが届きにくく、歯の外側(頬側)に大きな虫歯があったりということはよくあります。

・ 真っ直ぐに生えて(生えてくる見込みがあり)、かみ合っている

・ 歯牙移植のドナーに適している場合

・ 骨に完全に覆われて埋まっている場合

・ 矯正移動に利用できる場合

・ ブリッジの支えになれる見込みがある場合

予防抜歯

予防抜歯とは、親知らずの存在が、今後の中長期的視点で考えた際、問題が生じることが明白な場合は、その問題が生じる前に抜歯を行いましょうという考え方です。

例えば、親知らずが原因でブラッシングがしっかりできない部分が生じている場合。

歯ブラシがうまく届かなくて虫歯になりやすい

親知らずは歯の外側(頬側)に大きな虫歯ができやすいのには理由があります。

どういうことかというと、頬に邪魔されて、歯ブラシがうまく届かないのです。こういった場合、上記のように治療器具も届きづらく、治療がしづらいので、精度が落ちるだけでなく、磨きにくさも加わって、結局長い目で見ると痛みが出て、抜歯になってしまうのです。

また、斜めに生えている親知らずも同様に歯ブラシが届きにくく、親知らずと手前の歯との間に虫歯ができてしまうケースもすくなくありません。ご自身のケアができない歯を無理に残すことはお勧めしません。

実際の抜歯の方法

(1) 術前の抗生物質、痛み止めの内服

抜歯後、感染を予防する抗菌剤(抗生物質製剤)や、痛み止めのお薬を処方される場合があります。

(2) 表面麻酔

麻酔薬をしみこませた綿を親知らずの周りの歯ぐきに置いて数分待ちます。表面麻酔をすることで次に行う局所麻酔の針の刺入時の痛みをなくします。

(3) 局所麻酔、伝達麻酔

ゆっくりと麻酔薬を注入させ、注入時の不快感をできるだけ軽減するようにします。

(4) 抜歯

親知らずを抜きます。

(5) 抜歯窩掻把

抜歯した穴に残った不良な肉芽組織を取り除きます。取り除くことで抜歯後の感染や治癒不全を防ぎます。

(6) 縫合

抜歯した後は出血が起こり、血餅を作ります。血餅は傷を治すために重要な役割を果たすため、血餅が取れないようにするために縫合します。

(7) 圧迫止血

ガーゼを咬んでいただき、圧迫して止血します。

親知らず専門外来
横浜駅西口歯科で実際に親知らずの抜歯をした患者様の声

親知らず専門医 畠山先生の WEB予約受付中

Dr.畠山の親知らずWEB予約はこちら

 WEB予約が取れない場合はお電話にてご連絡下さい。予約調整の上予約ができる場合がございます。

お電話でのご予約の際は、

045-620-0418
までご連絡下さい。

※ご予約時に畠山先生をご指名頂けると確実です。

 

ご案内

親知らずの抜歯ならお任せ下さい

即日抜歯も対応可能

ご予約はお電話で

一度に複数本の抜歯も

対応可能

大学病院レベルの難抜歯も対応可

抜歯実績1万本超え

痛みに配慮した抜歯

口腔外科医による安心

最新設備を完備した院内

医院紹介

大学病院レベルの最新設備を完備
徹底した院内感染予防の実施

アクセス

横浜駅 徒歩3分 駅近の便利な歯科医院

横浜駅西口歯科

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-10-50 北幸山田ビル4F
TEL.045-620-0418