親知らず専門外来

トピックス1『神経に接している=麻痺』だろうか?

親知らず抜歯専門外来

トピックス1『神経に接している=麻痺』だろうか?

患者さんの中には歯科で「親知らずが神経に接しているから抜歯をすると麻痺が出る」と言われたと訴える患者さんがよくいます。

もちろん親知らずと神経が近いほど麻痺が出るリスクは高くなりますがそれはどの程度なのでしょう。
例えば口腔外科の癌の手術などで神経が露出することがあり愛護的にではありますがピンセットでつまんだり器具によって押したり引っ張ったりしています。

もちろん麻痺が生じる場合もありますが、それら全てで麻痺を起こしているわけではありません。

同様に当院でも埋伏智歯抜歯の際に下歯槽神経血管束(神経と血管が束になったもの。いわゆる神経と言われているもの。)が抜歯窩に露出するケースは珍しくありません(図1)。

親知らず抜歯写真

親知らず抜歯写真

このように下歯槽神経血管束が露出しているものは親知らずと接していると思われます。しかしほとんどのケースで麻痺は起きていません

三浦らの研究では下顎智歯抜歯後のオトガイ神経麻痺の出現率は0.6%と報告しています1)。すなわち多くの場合、『神経に接している=麻痺』ではありません。
とは言っても下の埋伏した親知らずを抜くリスクと言えば神経麻痺と言われますが実際にはよく訓練を受けた術者が適切な処置を行えば親知らずの抜歯で神経麻痺を起こすリスクは高くはありません。

1)下顎埋伏智歯抜歯後の神経麻痺、口腔病学会雑誌,65(1):1-5,1998

 

親知らず専門外来 WEB予約 受付中

親知らず専門外来WEB予約はこちら

予約キャンセルについて

親知らず専門外来は迅速に対応するため日々務めておりますが大変混雑しております。
体調不良などやむを得ない場合を除き、当日のキャンセルまたは無断キャンセルは、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。またキャンセルの場合は3日前までにご連絡ください。
WEB予約が取れない場合やドクターご指名の場合はお電話にてご連絡下さい。予約調整の上予約ができる場合がございます。

お電話でのご予約の際は、
045-620-3908までご連絡下さい。

※難しい抜歯を多数経験している医師が在籍

親知らず専門外来|抜歯実績日本トップクラス|横浜の口腔外科

日付:   カテゴリ:親知らずの匠が教える抜歯の世界

親知らずの抜歯ならお任せ下さい

即日抜歯も対応可能

ご予約はお電話で

一度に複数本の抜歯も

対応可能

大学病院レベルの難抜歯も対応可

ご相談ください

痛みに配慮した抜歯

口腔外科医による安心

先進的な設備を完備した院内

医院紹介

大学病院レベルの先進的な設備を完備
徹底した院内感染予防の実施